Loading...

一覧へ

僕が作りたかったのはこれだ!『HowMa』のファンが『HowMa』に関わるに至った軌跡|尺長さん

-これまでのご経歴について教えてください!

工業高等専門学校を20歳で卒業し、国立研究開発法人に入所をしました。
働きながら、休日や仕事終わりに不動産投資スクールに通ったり、セミナーに行ったり、コミュニティーへの参加、
あとは業者を実際に回ったりして不動産に関する知識を身につけるためにいろいろやっていました。

その後投資不動産を専門とする不動産会社に転職をして、地主様向けに飛び込み営業をしていました。
営業のみならず、土地の仕入れなども経験をさせていただきました。

その後、独立をしまして。(笑)
2年ほど不動産の仕入れ・販売・賃貸を中心に事業をしていました。
ファイナンシャルプランナーの資格を活かして、資産運用のコンサルティングなどもやっていたましたね。

-その後エンジニアを目指されたのはどんな背景があったんですか?

もともと親族が節税対策で不動産を買って、大変苦労したことがあったんです。
買ったユーザーがこういう思いをするのって悪じゃない?と思ったことがきっかけで不動産業界に入りました。

自分で独立をしたことで、不動産のメリット・デメリットを伝えられたのですが、
もっと多くの方にドラスティックに伝えられる術を身につけたいなと思ったことがきっかけでITに興味を持ちました。

思い立ったらすぐに行動したいのが性格で。(笑)
プログラミングスクールでプログラミングを学び始めたんです。

-そういった経緯がおありだったんですね。
独学で勉強をされた再度自分でやろうと思われなかったんですか?
なぜコラビットに入社されたんですか?

自分でやるつもりだったんですよ!
でも、そんな時にコラビットの不動産のAI査定サービス『HowMa』に出会ったんです。
不動産サイトのレインズと照らし合わせてみて、各不動産会社しか持っていない情報である不動産価格と、
How Maで査定された不動産価格のズレが全然なくて「これすごいな!」と感動しました。(笑)

まさに「こういうの作りたかったんだ!」と衝撃がはしりました。
すぐに、HowMaに関わりたい!もっとこのサービスを広めたい!と思い、問い合わせフォームからメールを送りました。

お試しジョインで入社したいのですが…って。(笑)
でも、今は募集してませんと一度断られまして。。。

諦めきれず、再度コラビットで入社したい理由とHow Maへの思いを文章にして、是非会ってほしいとメールをしました。
すると、浅海さんと岡崎さんから面接の案内をいただいて。
まずはアルバイトとして関わりを持たせてもらい、2021年1月から正式にジョインをさせていただいた流れです。

-一番の入社理由はHowMaへの興味だったんですか?

そうですね。
HowMaに出会って、惚れて、このサービスをもっと良くしたいなと思ったからです。
ITで不動産業者とユーザーとの情報格差による問題を解決したいという漠然とした理由でプログラミングを始めて、個人的にピッタリなサービスを見つけました。
多くのユーザーがこのHowMaを使えれば、不動産にまつわるトラブルや不安が一掃されると感じています。

また働く中で、コラビットメンバーの人間性や不動産にまつわる課題を本気で解決するという熱い姿勢にも心が打たれました。
この二つが入社を決めた理由です。

-今後挑戦をしたいことはありますか?

まずはHowMaをもっとよくすることに注力をしていきたいです。
HowMaが多くのユーザーに使われ、「HowMaがないと困る」というような世界観を作りたいです。

そして、個人的には建築費用や解体費用の推定サービスを作りたいと思っています。(笑)
ここにも業者とユーザーとの間に情報の非対称性があり、ユーザーにとっての負がまだまだあります。
適正な価値を査定によって見える化することが、課題解決につながる大きな一歩となると思っていますので、是非挑戦したいと思っています。

-コラビットで活躍する人ってどんな人だと思いますか?

自分の意見や考えを持っていて、ちゃんとアウトプットできる人ですかね。
まだまだ自分自身、不動産の知識やITの知識を持ち得ていない状態ですが、
発言はできるだけするように意識をしていて、皆さんがアイデアを出すためのきっかけになればいいなと思っています。

難易度の高い課題を解決するために、些細なアイデアからも「そのアイデアからどんなことができるのか?」という発想を皆さんが持っていらっしゃるので、自分事として捉えやすいなと思います。
また、常に気にかけてくれる方が多く、成長スピードがめっちゃ上がった気がしています。
どんなことに悩んでいるのか?わからないことは何か?を明確にしていただけるので、
悩むポイントが絞れ、必要なことにだけ集中できるような環境だなと思っています。
言わば、全力疾走をするための土壌を整えていただける感じですね。
そんな環境だからこそ、目的意識を思って仕事に向き合える方はフィットすると思います!

一覧へ