Loading...

一覧へ

「技術の多種多様さが半端じゃない!」コラビットで働き出して感じたこと|藤本さん

エンジニアとして、「自分でサービスを考えて作って、売るまでのプロセスに関わりたい」との思いからさまざまなサービス開発に携わってこられた藤本さん。
「困難な課題であるからこそ、モチベーションが上がる」と語る藤本さんがコラビットで挑戦したいこととは?
技術の多様性に驚いたエピソードなどをお聞きしました!

聞き手:株式会社FanReC 濵田(@hamadaysk

エンジニアとして大切にしているたったひとつのこと

-これまでのご経歴を教えてください!

大学では情報工学系の学部を専攻しており、学生時代からエンジニアになりたいなと思っていました。
自分でサービスを考えて作って、売るまでのプロセスに関わりたいと思い、自社サービスを持っているメーカーに行きたいと思っていました。

そして、複数の会社で様々なサービスに関わらせていただきました。
自身の経験値としては貴重な体験でしたが、逆に苦労もあったので、メーカーではなくシステムインテグレータでキャリアを積もうと思い、新たな業態にもチャレンジしました。

-なるほど。

ただ、一度メーカーという立場から離れた時に、物足りなさを感じました。

やはり私としては「自分でサービスを考えて作って、売るまでのプロセスに関わりたい」という気持ちが強く、再度メーカーとしてサービスづくりに関われる環境を探し、前職に入社をします。

そして、その中でもこれまでの経験を教訓に、ベンチャー企業として裁量を持って働け、クライアントにとっての最適なサービスを作れる環境を求めての入社でした。

しかし、入社後には大きなギャップがあり、、、

自社の提供するサービスが自社の管理下に無いような状態でした。
そこからどうにか自社管理下のサーバにシステム移行は成功させました。
ただ、システム自体は15年以上前の古い作りでエラーや障害も多く、操作性もよくない物で…。
夜間対応や休日対応が必要で、改修しようにも費用がかかるため許可が降りない状態でした。

新しい技術や手法にチャレンジするために集まったエンジニアばかりだったのに、最終的には「なんでこれやってるんだっけ?」とエンジニアメンバーも続々と退職をしている状況でした。

これではダメだと思い、転職を決意しました。

・クライアント(ユーザー)のために最適なサービスを作りたい
・サービスに対しての強い意思を持っている
・新しいことへの挑戦心を持ち、変化に対して寛容な環境がある

この3つの軸をもとに転職活動を開始しました。

困難すぎる課題だからこそモチベーションが上がるエンジニアとしての性

-コラビットに興味を持った理由を教えてください!

第一印象としては「新しいことに果敢に挑んでいる会社」でした。
「AI×不動産?」
と、最初はイメージが湧きませんでしたがとにかく勢いがありそうだと。(笑)


浅海さんの記事を拝見して、ご自身がユーザーとして感じた悩みを解決したいと思われたエピソードに素直に共感をしました。

「AI×不動産」や『HowMa』の概要を知るにつれて、とりあえずAIを作ろうという発想ではなく、課題に合わせてどう解決するか?という発想で、手段としてAIを使っていることにも技術者としての興味を持ちましたし、「自分でサービスを考えて作って、売るまでのプロセスに関わりたい」という自分の大切にしている価値観ともマッチしていると思いました。

また、不動産業界のことを知るにつれて、コラビットとして目指しているビジョンが大変高度なことという理解もでき、簡単には達成できないことに挑戦していることに対して知的好奇心というか、面白そうだなと思いました。(笑)

困難な課題であるからこそ、やれることはいっぱいある。
カオスの中で一つの解を導き出すなことをやりたい。
私自身、難しいほどモチベーションが上がる性格のため一気に興味を持ちました。
ですので、転職サイト経由でスカウトメールをいただくことも多かったのですが、自ら応募したのはコラビットだけでした。

面接では初回から浅海さんと川原さんとフランクにお話しさせていただき、現状の課題や実現したいこと、ビジョン、サービスへの思いなどなどをざっくばらんにお話しいただけ、内定までのスピード感も早かったことを覚えています。

技術の多種多様さが半端じゃない

-入社後のギャップはありますか?

こんなにも多種多様な技術を使っている会社は初めてだなということですね。
入社後に一番びっくりしたのはこれです。(笑)
私も長年エンジニアとして様々なサービスに関わってきましたが、ここまで多種多様な技術を使っている会社は他にはないだろうなと感じています。

技術=テクノロジーを活用して課題を解決するという理念、社名に込められた想いがものすごく体現されているなと。
この点が非常にやりがいにつながっていると思います。
また、ベンチャーらしく「やりたいことがいっぱいある」」という状態で、皆さんが率先して仕事をとっていき、それぞれで形にしていかれている風土があります。

そして、働く時間も場所も自由です。
自由と言いつつ、時間管理をしたり、開発のやり方やプロセスもガチガチに管理されているような会社は多いですが、そんなことも全くありません。

ある意味「成果主義」ですが、自ら課題設定をして、自分がやりたいことと求められていることを考えてアウトプットしていくことに楽しみを持つ方であれば最高の環境だと思っています。

欲を言えば、現在はほぼリモートのため、皆さんと顔を合わせる機会がなく、早くお会いしたいなと思っています。(笑)

-今後挑戦して行かれたいことはありますか?

私自身の強みとして1つは、「技術領域が広いこと」だと思っていますので、その辺りの経験を生かして、最適なアウトプットを出していけるようにしたいと思っています。
情報を整理したり、シンプルにしたり、仕組み化したり、全員が必要な情報に最短でアクセスできたり、複雑なことを簡単にしていくことで、今後新たにジョインしてくる方に最適な機会を提供したりできるようにしていきたいと思っています。

-Railsエンジニア採用やってます!

一覧へ