投稿者:Nihito Kawahara

Tech

RubyMine(その他InteliJのIDE)でoh-my-fishを使う方法

blog-details

コラビットの川原です。

本日はRubyMine(その他InteliJのIDE)でoh-my-fishを使用する方法を説明します。

そもそもfishって?

shellには色々種類があります。

Mac OS標準搭載のbash、カスタマイズすると捗るzsh、そしてfish。

fishは2005年に誕生した、比較的新しいshellです。

特に補完機能が優れており、コマンドで作業する際に捗るツールです。

個人的にはカスタマイズしたzshとそれほど違いを感じていませんが、 新しいという言葉に弱く、乗り換えてみた次第です。

fish is a smart and user-friendly command line shell for macOS, Linux, and the rest of the family.

https://fishshell.com/

oh-my-fishとは

fishを拡張してより便利に使うためのツールです。 例えばgitにおいて、ブランチをすぐ確認できたり、コマンドをより簡単に使えたりします。

zshではoh-my-zshがありますが、それのfish版です。

Oh My Fish provides core infrastructure to allow you to install packages which extend or modify the look of your shell. It’s fast, extensible and easy to use.

https://github.com/oh-my-fish/oh-my-fish

fishおよびoh-my-fishのインストール方法

Mac OSでのインストール方法を説明します。

fishのインストール方法

brew install fish
sudo vi /etc/shells   #  末尾に /usr/local/bin/fish を追記
chsh -s /usr/local/bin/fish  # デフォルトをfish に指定

oh-my-fishのインストール方法

curl -L https://get.oh-my.fish | fish

簡単ですね♪

RubyMineでの設定

続けて、Macの場合で書きます。

アプリケーションメニュー > IntelliJ RubyMine > Preference を選択します。

Tools > Terminalと左側のメニューから選び、Shell pathにfishのpathを入れます。

おそらく下記になるはずです。

/usr/local/bin/fish

心配ならwhich fishで確認してみてください。

これでRubyMineでfishが使えるようになります。

次にRubyMineデフォルトのfishのコンフィグファイルのリンクを変更します。

rm -r /Applications/RubyMine.app/Contents/plugins/terminal/fish/
ln -s ~/.config/fish /Applications/RubyMine.app/Contents/plugins/terminal/fish

上記のようにしないと、Terminal起動時にfishでWarningがでます。 かつ、oh-my-fishも使えません。

環境によって、若干pathが違うかもしれませんので、適宜ご確認ください。

以上で設定は完了です。