Loading...

一覧へ

リリース3日で10,000人のユーザーを獲得した「エンジニアチェッカー」の生みの親 岩崎さんが入社した理由!!

原体験を通じて「エンジニアチェッカー」を作った元銀行マン。
なぜエンジニアチェッカーを作ったのか?背景についてお聞きしつつ、岩崎さんがコラビットに入社を決めた理由をお聞きしました!
聞き手:株式会社FanReC 濵田(@hamadaysk

-経歴を教えてください。

一橋大学法学部を卒業後、 信託銀行に入社しました。
「人のためになる仕事をしたい」という思いから、一般的な銀行よりも扱う商材の幅が広く顧客に寄り添った仕事ができると感じたことから入社を決めました。
主に、信託に関する事務作業を担当していました。

-なぜ退職をしようと思ったのですか?

もっと自分だからこその仕事をしたいと思ったからです。
特に目標もないまま漠然と日々仕事をして、時間が流れていくことに危機感を持ちはじめました。
また、働き方に関してももっと自由に働ける環境に身を置きたいと思ったことがきっかけです。
ちょうどその頃に、ネットで見つけたプログラミングスクールの広告を見て、時間や場所に縛られない働き方ができ、専門性が高い仕事であるエンジニアという職種に魅力を感じました。
前職に勤めながらプログラミングの勉強をはじめて卒業と同時に退職をしました。

-エンジニアチェッカーを作ったのはどんなきっかけで?

プログラミングをはじめて感じたことですが、「新しいことを学んで、形にしてみて、みんなに使ってもらって喜んでもらえる」ことがやりがいに繋がるなと。

「未経験からエンジニアに」という広告文を見て、エンジニアの世界に足を踏み入れた私ですが、自分の軸がブレている時期もありました。

インフルエンサーの方々の影響を受けてエンジニアを目指して、
エンジニアになることと、インフルエンサーになることをごっちゃに考えていて、一時期インフルエンサーになろうとしていた時期がありました。

YouTubeやTwitterに傾倒して、本来自分がやりたいと思っていたエンジニアの道から逸れたキャリアに目が眩んでいたと言いますか。(笑)

エンジニアなることとインフルエンサーになってお金を稼ぐというのは、似ているようで全然違うなと気づき、自分の体験を通じて真のエンジニアになりたい、本筋から逸れることなくエンジニアとしてキャリアアップしようと多くの方に伝えたいという気持ちが芽生えまして。
そんな時に「どんなものがあれば伝えられるか?」と考えた結果、エンジニアチェッカーが生まれました。

-なるほど、おもしろいですね!なぜチェッカーだったんですか?

自分がどれほどのエンジニアになっているか、成長をしているのかを瞬時に客観的に分析できるツールがあればおもしろいなと思ったんです。(笑)
Twitterアカウントをベースに、ツイート内容などを自動収集し解析する。
そして自分が今どれくらいのレベルにいるのか?どんなエンジニアなのか?を診断できればおもしろいなと。
もともと診断系のサービスは多くありましたが、自分で設問に答えていくスタイルは面倒だなと思っていました。
また診断結果も一般的なものが多く、自分を本当に写しているものではない気がしていました。
普段やっていることを勝手にデータとして収集、蓄積して、分析してもらえるサービスがあれば良いなと思って作りました。

自分があったら使いたいなという単純な感じで。(笑)
3日で10,000人以上の方にお使いいただいてめちゃくちゃ興奮したことを覚えています。

*参考|「エンジニアチェッカー」
リリースから3日で10,000人以上のユーザーを獲得。
ポートフォリオコンテスト「editch」にて最優秀賞・オーディエンス賞をW受賞。

-コラビットに入社したのはどんなきっかけだったんですか?

前職を退職してから、充電期間を挟んでから就職をしようと思っていました。
その間、Wantedlyなどの転職サイトに登録して、興味を持った企業には面接に行ったりしていました。
ECサービスを提供している会社、マーケティングオートメーション(MA)サービスを提供している会社などなど、分野は拘らずいろいろと見ていました。

ただ、ビビッとくるものがなかったです。

そこでまた新たな転職サイトに登録をした時に、コラビットの求人を見つけまして。
初めてビビッとくる瞬間が。(笑)

-どこに興味を持ったんですか?

IPOを本気で目指していて、そのためのステップが詳細に書かれていました。

ひとりひとりが裁量を持って、共通の目標に向かって一丸となってチャレンジしているスタートアップで働きたいと思っていて、他の誰もがやっていない領域で、チャレンジして、大きくしていこう!みたいな熱い感じが伝わってきました。

またブログ記事を全部読んで、一緒に働く方々の人となりを掴めてたことも大きかったです。
多くの企業はMVVなど会社にスポットを当てた記事が多かったのですが、
コラビットの場合は、会社のこと、サービスのこと、働いている人のことを具体的にイメージできるものが多く、入社後のイメージが湧きやすかったです。

なんと言いますかそれぞれのメンバーの方の「人間らしさ」や「人柄」を感じて、率直に一緒に働いてみたいなと思いました。
面接をしていただいた浅海さん、前田さん、中野さんのこれまでの経歴も紆余曲折してきた私の人生とも重なって共感できることが多く親しみを勝手に持っていました。(笑)

あとは浅海さんと岡崎さんが不動産業界の未経験であるにも関わらず、一ユーザーとしての体験を通じて感じた負を解決するためのサービスを開発されている姿勢に共感を持ちました。

ユーザーとサービス提供者との間にある「知識の情報格差に挑む」ことに意義があると感じ、私自身がエンジニアチェッカーを作った時の理念と類似することがあったことも大きいです。

-入社後のギャップはありますか?

皆さん、良い人です。(笑)
組織に馴染んでいる感覚は自身でも感じていますし、常に自然体でいられています。
入社して初めて見える会社の悪いところがないんですよね。

-今はどんなことをされているんですか?

現在は、谷口さんと前田さんと不動産企業向けのサービス開発に関わらせていただいており、主にはバックエンドとDB周りを中心に担当しています。
と、同時に新規機能の追加などもやっていて初めてフロントエンドにもチャレンジさせてもらっています。
私自身の中長期目標として、現在はリードエンジニアである前田さんからタスクを振ってもらって仕事をしていますが、自分でタスクを決めて全部の実装をできる力を身につけたいと思っています。

-コラビットに合う人ってどんな人だと思いますか?

自分で目標設定をして、努力できる人が合うと思っています。
入社して本当に自由さを感じていますが、自由の代用としてバリューにこだわれる方が良いと思います。
あとは曽根さんの記事にもありましたが、結果にコミットして、適切な手段を選択するという価値観や姿勢が重要だと思いますね。

-Railsエンジニア採用やってます!

一覧へ