Loading...

一覧へ

どうしてもエンジニアとして大成したい。その一心で入社した久野さん|New Face

ニューカマーのエンジニアが新たに入社しました!
エンジニアのコミュニティでコラビットを知り、インターンシップを経て入社した久野さん。
多少の不安を抱えながらも挑戦したいとの想いでコラビットに飛び込んだ久野さんにインタビューをさせていただきました!

──挫折経験をバネにしたい──

-久野さんのこれまでのご経歴を教えてください。

はい、大学卒業後、新卒で葬儀会社に就職をしました。
1年ほどで退職して、手に職をつけないとと思い、プログラミングスクールに通い始めました。
ミーハーかも知れませんが、
ちょうどその頃にYouTubeやTwitterでプログラミングに関する動画や記事をよく見かけていて。
それでおもしろそうだなと思いまして。(笑)
プログラミングスクールを卒業してからは、前職であるWebシステムの受託会社に就職をして、
主にプログラマーとして実戦を重ねていました。
しかし、私のスキル不足で解雇されることになりまして‥。
どうしてもエンジニアとして頑張りたかったので、エンジニアとして働ける会社を探そうと就職活動を始めました。

-なるほど。

情報収集するうちに、岩崎さんがやられているエンジニア向けのコミュニティの存在を知りました。
岩崎さんのプロフを拝見し、その時になって初めてコラビットを知ったという感じです。

-コラビットに興味を持った理由は何だったんですか?

私は不動産業会について詳しくありませんが、社会貢献性が高い事業をされているなということが伝わってきました。
漠然としていて恐縮なんですが、ものすごく大きなことをやろうとされている感覚です。
そんな中で私がどのように貢献できるかはわかりませんが、
「誰かのためになることをしたい」と思っていたので、強い興味を持ちました。

-なるほど。
インターンシップを通じて入社をされたんですか?

はい、「2週間ほど働かない?」とお声がけをいただいて。
「久野くんがこれまでのやってきたことを教えて!」という感じで。(笑)
その勢いと言いますか、スピード感がすごいなと思いました。

──「コラビットっぽさ」に惹かれて──

-コラビットっぽさですね。(笑)
実際に一緒に働いてみられて、どんな印象を持たれましたか?
もともと抱かれていたイメージから変化ってありましたか?

一番は自分の思ったことを言いやすい環境なだと思いました。
年齢や役職でマウントをとったりが全くなくて、フラットな関係で接していただけると言いますか。
自然と気負いなく話せている印象です。
結果、コミュニケーションが非常に取りやすい雰囲気になっていると思いました。
あとは、浅海さんもおっしゃっていたのですが、
「コラビットは会社としても、『HowMa』というサービスにしても、まだまだ完成し切っていない」ので、
伸びしろと言いますか可能性をものすごく感じました。

-それが入社をしたいと思われた理由だったんですね。

はい。
インターンを開始して3日目で、浅海さんからお声がけをいただきました。

「エンジニアとしての基礎ができていて、一緒に働きたいと思っている。」
「「一緒に働きたい」という気持ちは3日であろうが1週間後であろうが変わらない。
「一緒に『HowMa』大きくしようよ。」

──エンジニアが成長できるコラビットの風土──

-不安とかはありませんでしたか?

個人的には、前職をスキル不足で退職になっていることがあるので大丈夫かな…と思いました。
今も少しその不安をうっすら感じながら働いていますが…
そのため、自分のスキルを磨くことには徹底してチャレンジしていきたいと思っています。
できないことはたくさんありますが、少しずつ広げていく。
他方できることに関しては精度をあげていく。
自分自身の成長を通して、会社に貢献できるようにしていきたいと思っています。

-なるほど。

できないことにスポットを当ててそこを改善していくことも求められますが、
「ここまではできているね!」とか「ここは惜しいね…!」とか「ここはこうしたほうが良いよ」などの
コミュニケーションをしていただけるので、何を求められていて、何が課題で、自分に何が足りていないのかなどが明確になります。
そういった文化と言いましょうか、企業風土にすごく魅力的に感じています。

-入社後に感じた、コラビットっぽさってありますか?

やはり、どんなことにおいても意思決定が早いです。
思い切りが良くて、勢いがすごいです。(笑)
あとは皆さん、自分自身でコアとなる信念をお持ちで、
「不動産業界をどう変えたいのか」とか「ユーザーにこんな価値を提供したい」などなど。
個性豊かな方が多くて、強い結びつきみたいのものを感じています。

-今後のビジョンを教えてください!

はい、今はCPO曽根さんのもとで『HowMa』の開発に携わらせていただいています。
まずはエンジニアとしての技術をしっかりと身につけていくことが一番の課題だと思っています。
将来的にはフルスタックエンジニアになりたいと思っていますので、頑張ります!

一覧へ