Loading...

一覧へ

役員インタビュー

「不動産業界の負に挑む」コラビットCTO川原のエンジニアとしての原点からこれまで、今後について聞いてみた!

CTO川原さんにこれまでの経歴と不動産業界の負を聞いてみました。

──営業からエンジニアに。1年間の修行期間を経て──

濵田 川原さん、よろしくお願いします。ずっとエンジニア畑でこられたんですか?

川原 いえ、実はもともとは営業とかしてました。(笑)

濵田 そうなんですか?!

川原 意外でしょ?(笑)出身が北陸なのですが、地元のモバイルショップに就職してました。 そこで個人、法人向けに営業をしていました。

濵田 そうだったんですね!なぜエンジニアに?

川原 営業で一定の成果を残せたのですが、自分には向いていないなと思いました。何より好きじゃないなと気づきまして。

濵田 ふむふむ。

川原 思い切って退職して、そこからは1年ほど実家暮らしをしてました。働かず、何もせずという生活です。

濵田 そうなんですね!充電期間みたいな感じですかね?エンジニアになられたきっかけはなんだったんですか?

川原 中学生の時に、親からMacを買ってもらったことがありました。中学生ながらネットの世界にのめり込んで。 ホームページを作ったり、掲示板サイトを作ったり、チャットで知らない人とコミュニケーションしたり。

濵田 なるほど、ではもともとネットとの繋がりはお持ちだったんですね。

川原 そうですね。Perlなどでいろいろ触ってました。

濵田 当時中学生ですよね?すごい。充電期間中もネットを?

川原 はい、やることがなかったのと好きなことをしようと思っていたので。(笑) object-C(swift)やC、PHP、scala、Rubyなどを独学で勉強してました。 朝起きてPC触って、参考書を買ってきて、勉強して、コード書いて、眠くなった時に寝るみたいな生活でした。

濵田 エンジニアとしての基礎は充電期間中に身につけられたんですね。

──ネットでの発信が時に大きな出会いにつながる──

川原 そうですね。 あとは、Ustreamでライブ配信とかしてました。(笑)

*Ustreamとは? ライブ動画の配信や視聴を楽しむことができるアプリケーション。

濵田 どんな内容を配信されていたんですか?!(笑)

川原 今だから言えるのですが、当時FXとかやっていまして。 勉強して半分素人の僕がFXについて、にわかに話してました。(笑)

濵田 おもしろいですね。(笑)いわば元祖ユーチューバーですね。

川原 この時の経験は結構自分の中でも大きくて。 にわかであっても発信することにより、価値を感じてもらえる人がいるということを身をもって体感することができたんです。

濵田 なるほど、発信することの意義みたいなものですね。

──コラビットへはTwitter経由で入社しよう!──

川原 そうなんです。 で、浅海との出会いもTwitterでした。

濵田 そうなんですか?!

川原 はい、Twitter上で約1年間ほど交流してまして。 彼もエンジニアだったので、僕が書いたコードのレビューしてもらったりしてましたね。

濵田 その後コラビットにジョインすることになられたと思うんですが、きっかけはなんだったんですか?

川原 浅海から、ひょんなことから横浜に遊びにおいでよって誘いをもらいました。ホント軽いノリで誘われて。(笑)

濵田 そんな感じだったんですね。(笑)

川原 僕は雇ってもらおうと勝手に決めていたので、スーツを着て横浜に行きました。

濵田 すごい。(笑)

川原 会った時びっくりしてましたけどね。(笑)で、働きたいということを伝えました。 もし雇ってもらえるのであれば、帰りに不動産屋行って部屋を決めてくるので、来週から出社できますと。

濵田 これまたすごい。

川原 そして、コラビットに入社することになったという経緯です。

濵田 なるほど、コラビットに転職する方々はTwitter経由と伺いましたが、川原さんが第一号だったんですね。(笑)

川原 そうなんですよ。(笑) 今のエンジニアもほとんどTwitter経由ですからね。(笑)

──エンジニアロードの第一歩。そしてヤフーへ──

濵田 当時コラビットに入社してからはどんなことをされていたんですか?

川原 まずはCMSサービスを作っていたのですが、これの保守開発と運用を担当しましたね。

『ラクマス』
自社でHPを作成・更新できるホームページ作成・更新ツール
https://cms.racms.jp/

あとはちょこちょこと新規開発も担当するようになっていきました。 例えばこんなものです。

『日本地震マップ』
地震発生状況を地図とアニメーションで表示させるサービス
https://www.quakemap.info/

気象協会からデータを提供してもらって、作りました。

濵田 おもしろいもの作られてますね。。。 ドリパスの案件にも携わっていらっしゃったと思いますが、入社後どれくらいの時期なんですか?

川原 ちょうど入社してから1年ほど経った時でしょうか? ドリパスの案件に関わることになり、ブルームに転籍をしました。 そして、濵田さんもご存知のように転籍して3ヶ月後にヤフーへの買収が決まりました。

濵田 なるほど! 川原さんはその後もドリパスに関わられていたんですか?

川原 そうですよ! 僕はロックアップはされてないのですが、引き続き関わっていました。 1年ほどでしょうか? その他には、ヤフーチケット関わったりヤフー映画に関わったり。

濵田 そうか、その時はヤフーのメンバーとして働かれていたんですよね?

川原 そうそう! バックエンドを担当したり、テクニカルリーダーをやったり、レコメンドエンジンを作ったり。 そうそう、その時に曽根くんと出会ったんですよ。

濵田 そういうことですね!

──再起。不動産業界の負に挑む──

濵田 再度コラビットに復帰したのはどんな経緯だったんですか?

川原 浅海がロックアップ期間が経って、ヤフーを去った後も連絡は取っていました。僕はまだヤフーでいろいろやっていた頃です。 ちょうどその時に機械学習に興味を持っていて、自分が作りたいサービスと技術に触れる機会がなくどうしようか考えている時でした。 また浅海さんから声がかかって、コラビットで不動産やるんだけどこない?と。

濵田 ふむふむ。

川原 僕も結婚を機に住宅を購入したての時だったと思います。 少し身近に感じたので、不動産やるかって感じになって。(笑)

濵田 自分事として捉えられたんですね。

川原 そうです。ジョインした時は岡崎と3人でしたね。 HowMaの構想自体は出来上がっていて、開発途中のフェーズでした。

濵田 川原さんのミッションはなんだったんですか?

川原 HowMaのコアになる価格推定に関わるエンジンがまだ未着手だったので、それを0から作ることでしたね。 機械学習の知識も必要になりますし、エンジニアリング知識もいる。 あとはご存知のように、不動産を知らない素人で始めたサービスなので、ユーザー目線に立ちやすいということは武器だったと思います。

濵田 なるほど、おもしろい! 推定エンジンを作りつつ、HowMaの機能など全般的に開発をされていたんですか?

川原 そうですよ。 他にも不動産業界の営業マンが使うCRM兼SFAツールやHowMaの新規機能開発、スマート売却のプロトタイプなど様々なものを作りました。

濵田 川原さんってフロントもバックエンドも担当されているんですか?

川原 そうなんですよ! バックエンドの方が得意だと思いますが、フロント部分もやってますね。

──素人だからこそ感じる不動産業界の負──

濵田 川原さんが先ほどおっしゃったと思うのですが。 不動産業界の素人目線として感じる「不動産の負」ってなんだと思いますか?

川原 うーん。そうですね。 「知らないこと」「よくわからないと思っていること」が負だと思います。 僕も歳を重ねるにつれて、不動産にまつわる話を友人でもすることが増えてきました。自宅を購入したという体験もありましたし。 でもよくわからなかったり、知っているからこそ得をする、知らないから損をすることってよくよくあるんですよね。 これって勉強しているか否かもそうなんですが、結果知っている方がベターだと思っていて。 法律や規制、通説などいろいろと複雑な業界だからこそだと思いますが…

濵田 確かに、複雑そうですしとっつきにくそうですし…

川原 そうなんですよね。 そのイメージがあるのがそもそも負だと思うんですよね。 例えば、住宅ローン控除について調べたことがあったんです。

簡単に言うと、購入価格から10%(年1%を10年間)控除されるという仕組みなのですが、配偶者と合算すると20%控除できるようになる。 これを知っていると、一般的な「ローンで買うよりも金利がかからない現金で買った方が得」という通説が実は違って、ローンで購入した方が断然いい場合もあるということがわかるんです。 なので、不動産についての知識を持っている人はローンで購入して、10年経つタイミングで売却してみたいなことをされていたり。 こういったことを知らない事が負だと思うんですよね。

濵田 確かに、知らないことこそが負ですね。。。

川原 なので、HowMaというシミュレーションツールを提供している感じです。 不動産について知ろうとされる方々へのキッカケ作りがHowMaというサービスだと捉えています。

濵田 川原さんが目指されていることってなんですか?

川原 やはり負をなくしていきたいと強く思います。 不動産業界は知れば知るほど損をしない判断ができるようになってくる。 これは僕が素人で始めて、いろいろと知識を得てきたからこそわかります。 新しい発見が今でもたくさんある。 先ほどもお伝えしましたが、不動産業界って事業者とユーザーとの間には大きな情報格差があると思っています。 透明性などもそうですし。 これが圧倒的な負だと思うので、無くしたいと思っています。 そのためには、探究心がないと思っていて。 僕はコラビットのバリューがすごく好きなんです。

大切にする価値観「Values」をブラッシュアップしました
https://collab-it.net/2018/08/1500/

負をなくしたいという思いと、そのための探究心さえあれば、今の時代オープンソースやコードはいくらでも転がっているので、解決に近づいていけるんじゃないかなと思いますね。

濵田 ありがとうございます! めちゃくちゃ勉強になりました! 次回これについて教えてください!

『Ruby biz グランプリ 2018 Pricing Innovation Awardを受賞いたしました!』
https://collab-it.net/2018/12/1901/

川原 (笑) もちろんです! ありがとうございました。

一覧へ