Loading...

一覧へ

前田 良典 Engineer

「会社や商品に対して、どうしても愛着が持てなかった」SES時代を経て、エースエンジニアになるまで

「エンジニア適正が高く、ものすごいスピードで成長している天才タイプ」「気分が乗っている時のパフォーマンスが人一倍高い」「色々な技術について、深いレベルで知っている」これは、同僚から見た前田良典の印象だ。今では、エースエンジニアと言われる彼だが、自身について「ゴミのような実力だった」と思っていた時代もあったという。大学中退、フリーター、SESを経て、彼はどのように”天才”と言われる実力を発揮できる場所にたどり着いたのだろうか。(インタビュー:岡のぞみ)

「自分がいるのはこの会社ではない」そう思いながらも、他の会社に雇ってもらえる自信がなかった

大学時代、アルバイトに夢中になりすぎたため、出席日数が足りずに3年で中退し、運送ドライバー助手、事務職、カラオケ店員など、様々な仕事を転々としました。25歳の時に、SESの会社に勤めていた友人に誘われたのがきっかけで、この業界に足を踏み入れました。入社後の研修中では、3人一組がチームとなり、みんなでプロダクトを作るなど、楽しく過ごしました。研修が終わると、一人で客先に常駐することになりました。周りとの交流は全くなく、分からないことがあっても相談できない。そもそも経験も知識もほとんどなかったので、「何が分からないのかも分からない」状態。コードを書くこともなく、単純作業をこなす日々でした。半年ほどで退職しましたが、当時はスキルもなかったので、転職活動は容易ではありませんでした。そもそも就職活動自体したことがないので、面接の受け方も知りません。「腰を据えて働くイメージができない」「技術力が足りない」そう言われ、不採用の連絡が続きました。

唯一採用されたのは、またSESの会社でした。チームで常駐する形でしたし、待遇はよかったので、不満はそこまでありませんでしたが、客先の社員とは倍以上給与の差がありました。いくら実力が認められても、社員になることはできないとわかっていましたので、最初から諦めていましたし、会社や商品に対して愛着は持てませんでした。「自分がいるのはこの会社ではない」そう思いながらも、他の会社で雇ってもらえる自信もなかったので、仕事をしながら、独学でプログラミングを学びました。

コラビットに入社を決めたのは、今後に活かせる経験ができると感じたから

当時、twitter転職が流行っていたので、冗談半分で希望年収や経歴などをツイートしてみると、すぐにコラビットの社長である浅海さんからメッセージをもらいました。会社訪問をすると、みんな和気あいあいと仕事をしていました。当時の職場では、声が飛び交うこともなかったので、会話があること自体が新鮮でした。オフィスにハンモックがあり、昼寝も出来る。自社開発ならではの自由さが見えました。コラビットでは、やりたい技術に触れることができ、ウェブアプリケーション開発にも携わることができる。今後役に立つ経験ができそうだと思い、入社を決めました。

自分一人で決断できる責任とやりがい

入社後は、プログラムを書く業務をとにかく振ってもらい、実装する力を伸ばすことができました。前職では、ミスをしてもフォローしてくれる人がいましたが、何かと調整が必要だったり、決済が降りるまでに時間がかかっていました。コラビットの場合は、自己裁量がとても大きい。最初は自分一人で決断することに対して不安を感じましたが、緊張感やプレッシャーよりも、やりがいの方が勝っています。また、改修ではなく、自分がメインとなり、ゼロから開発した自社サービスが販売され、大手企業が実際に利用しているのを目の当たりにするのは、嬉しいです。何よりも”自分のプロダクト”なので、愛着があり、成長していってほしいという気持ちを持てるようになりました。今は、「より良いものを作るには?」を常に考え、言われた通りにただ作業することはありません。

これ以上求めるものはない!働きやすい環境

私は朝起きるのが苦手なので、通勤時間の縛りがなくなり、ストレスが減りました。仕事中に近くにあるジムに行くこともありますし、早く仕事を終わらせ、地元で趣味のボルダリングを楽しむこともあります。これ以上求めることがないくらい、環境は良いです。

以前、自分の中で張り詰めていた糸が切れてしまい、何日か会社を休んでしまったことがあります。普通であれば、「ダメなやつだ」などと言われるのが当たり前だと思うのですが、社長は理解してくれ、どうしたら良いかを一緒に考えてくれました。今も、定期的に社長とCOOと面談をして話を聞いてもらっています。例え相手が社長でも、言いたいことが言える、風通しの良い会社です。無意味なことに時間を取られている人、社内調整に嫌気がさしている人、やりたいことができていない人も、コラビットなら可能性や実力を発揮できるのではないでしょうか。

自己成長できる場所と仲間達

コラビットの社員は皆保守的でないので、使ってみたい技術に対しても、「やってみよう!」というスタンス。自分がやりたいことを口にできる、そしてそれを実現できる環境です。優秀な人たちと一緒に働けるのは、刺激になりますし、自己成長に繋がっていると思います。また、私も質問を受けることがあるので、もっと知識を深めたいという意欲が自然と湧いてきます。自分の仕事だけでなく、営業を含む全体を見ることで、ブリッジ的な役割を担い、webスペシャリストとして、技術の相談先になれたらと思っています。

一覧へ